若手外科医国内外研修助成

若手外科医国内外研修助成募集要綱

1.若手外科医国内外研修助成の趣旨

外科医希望者の急速な減少に歯止めをかけるとともに、将来の指導的外科医育成に寄与するために、国内外の留学や研修を希望する人材の旅費、滞在費、研修費を助成するものである。

2.応募資格

日本臨床外科学会ないしは日本Acute Care Surgery 学会の会員で国内外留学又は研修を希望する個人。

3.助成予定件数

年間2件

4.助成予定金額

1件50万円

5.研修の時期

次年度内に国内外留学・研修ができること

6.応募方法及び受付期間

所定の若手外科医国内外研修助成申請書に必要事項を記入の上、毎年5月15日~同年7月31日までに本財団に提出するものとする。

7.選考方法

公益財団法人臨床研究奨励基金の助成審議委員会で審議し、理事会で承認、決定する。

8.選考基準

  1. 研修の目的が明確であること。
  2. 研修の成果が期待され、外科学の進歩に貢献できる者
  3. 40歳未満の外科医
  4. 除外条件:学会やシンポジウムへの出席

9.助成金の使途

旅費、滞在費又は研修費の一部に充当すること。

10.財団への報告

研修者は、研修終了後速やかに、若手外科医国内外研修報告書を本財団の理事長あて提出すること。

11.国内外研修条件の変更について

研修が延期になった場合には、その旨を財団に連絡し、承認を得ること。
研修が中止になった場合には助成を辞退すること。

12.研修成果の発表

研修成果の発表は自由である。ただし発表に際しては本財団の助成による旨を下記の要領で明記すること。
公益財団法人臨床研究奨励基金(西暦年)若手外科医国内外研修助成金
Grant of The Clinical Research Promotion Foundation (西暦年)

申請書類のダウンロード

若手外科医国内外研修助成の実施状況